仲介手数料を無料にしてもらおう

>

無料にできないか相談する

この記事をシェアする

交渉する時のコツを把握する

上から目線で、交渉することのないように注意してください。
誰だって仲介手数料を無料にしろと命令されると、不愉快な気分になります。
それでは絶対、交渉には応じてくれないでしょう。
お願いするという意識を忘れないでください。
またお金が少ないから、仲介手数料を無料にしてほしいと具体的に伝えるのも良い方法です。

すると不動産屋は同情して、仲介手数料を無料にしてくれるかもしれません。
好みの物件を見つけたら、まずは仲介手数料の交渉をしましょう。
少しでも安い価格で入手できれば、お得に感じますよね。
一生懸命お願いすれば、聞き入れてくれる不動産屋を利用しましょう。
評判を調べて、交渉に応じてくれる不動産を探すのもおすすめです。

条件に注意して交渉しよう

仲介手数料の交渉をした結果、不動産屋から条件を提示されることがあります。
条件をこちらが受け入れれば、仲介手数料を無料にしても良いと言われることがあります。
仲介手数料が無料になるからと、よく説明を聞かないまま条件を受け入れることはしないでください。
条件によっては、こちらが損をしてしまうことがあります。

仲介手数料を無料にする代わりに、敷金や礼金を多く請求することがあります。
それでは、仲介手数料を無料にしてもらった意味がありません。
むしろ、仲介手数料を支払った時より多く支払うことになるかもしれません。
不動産屋が条件を出してきたら、自分が損をしないのかチェックしてください。
納得できたら、契約を結びましょう。